海外で困った!日本じゃありえない海外のトイレ事情とは?

海外のトイレ

日本人が海外旅行で困ってしまうのがトイレです。
というのも、日本のようにどこにでも安全で衛生的なトイレがあるわけではないからです。

 

日本ではコンビニでトイレを借りることが簡単にできます。
そして全国どこでもコンビニのトイレが汚れていて使えない
なんてことはほとんどないと思います。
大きな公園には必ずトイレがあって、こちらもコンビニのトイレほど清潔ではなくても
普通に使うことができますし、危険はありません。
またスーパーマーケットや飲食店、デパート、ショッピングモールなど
どこでも安全で綺麗なトイレが当たり前にあります。
しかしこれは世界でもかなり珍しいことなんです。

 

トイレの事情は国によってさまざまです。
町中で急にトイレをしたくなった!と言っても安心して利用できるトイレがあるとは限りません。
そこで海外旅行に行く際にはトイレ事情をきちんと調べておきましょう。

 

有料トイレがおすすめ

日本では登山など特殊な場所以外では有料のトイレはまずありません。
どこでも無料で利用することができます。
海外ではトイレは有料だと思っておきましょう。
有料のトイレはお金がかかる反面、清潔で安全です。
入り口で係員にお金を払うか、コインを入れるか、中にいるサービス係りにお金を払います。
ヨーロッパの個室トイレはコインを入れないとそもそも開かないものもあります。
トイレの中に忘れ物をしてしまうと、再度お金を払って中に入らなければいけません。
もしもお財布を入れたままカバンを中に忘れてしまうと大変です。

 

トイレットペーパーが流せない?

トイレをした後に便座にトイレットペーパーを流せる国というのは
世界でも少数です。
トイレットペーパーが流せない構造になっているトイレで紙を流すと
便器に紙が詰まって流せなくなってしまいます。
横にある大きめのゴミ箱に使用後のトイレットペーパーを捨てるようにしましょう。

 

ポケットティッシュは必須

海外のトイレではトイレットペーパーが設置されていないのも多いです。
洗面スペースに共同のペーパーが用意されているのでそれを貰うか
入り口のところにいる係員から紙を買う場合もあります。
東南アジアやインドでは水と桶が用意されていることがあり
この場合には手でお尻を洗うという方式です。
いずれにせよポケットティッシュは多めに持ち歩くようにしましょう。

 

治安の良い場所のトイレを利用しよ

トイレはひと目が少ない場所なので、治安の悪い場所では
強盗や物取りなどの被害にあう可能性があります。
出発前にはホテルでトイレを済ませておき、レストランなどを利用した際に
トイレをするようにしてください。
ファストフード、ホテルのトイレを使うと安心です。

 

便座のないトイレが多い

海外のトイレは便座がなく便器がむき出しのトイレも多くあります。
特にヨーロッパで多く見られるもので、驚く日本人が多いようです。
空気椅子でしたり、土足でトイレの上にしゃがみこんでするようにしましょう。