借り方は?免許は?その他、レンタカー利用の注意点

レンタカー

海外旅行で困るのが移動手段ですよね。
基本は電車やバスを乗り継いで移動するのが基本ですが
小さいお子さんがいたり、お年寄りが一緒だとなかなか大変です。
急にトイレに行きたくなってしまったり、疲れて立っているのが大変だったりします。
また目的の場所は交通の便が良いとも限りません。
そこでとっても便利なのがレンタカーです。
現地でレンタカーを借りることができれば行動範囲が一気に広がるんです。

 

海外でレンタカーのレンタルは概ね20歳以上からとなります。
25歳未満の場合にはヤングドライバーフィーといって追加料金が取られます。
中には20歳未満でも借りられる店舗はあるようですが
大手のレンタカー会社ではまずないので注意が必要です。

 

レンタカーに乗るためには国際免許証が必要です。
必ず国際免許証を取得しましょう。
この他には日本の免許証、パスポート、クレジットカードがあれば借りられます。

 

次にレンタカーを借りる方法ですが、現地でレンタカーの会社へ行き
契約をするという方法もありますが、現地の人ではないと断られてしまうことや
希望の車種が出払っていることもあります。
言葉が通じずに苦労したり、車の質が悪いところもあるため
事前に電話かインターネットで予約しておくと安心です。
大手のレンタカー会社で日本での予約が可能な店舗なら
日本人利用者も多いので向こうも対応に慣れており更に安心ですね。
日本人向けの代理店には特別なレンタカープランがあり
旅行のスタイルに合わせてプランを選ぶことができます。
また保険がセットになっているものも多く、
別に契約をする必要がないのが便利ですね。

 

借りる時の流れは日本と一緒です。
レンタカー外車へ行き、窓口で手続きをします。
保険の内容などに問題がないかを確認したら、サインをして契約完了です。
車に乗って旅行を楽しみましょう。
帰りには日本と同じようにガソリンを満タンにしてからレンタカー会社へ戻り
点検をしてもらったら精算です。

 

海外での運転も日本と基本的には同じです。
左ハンドルになり、走行する車線も反対になりますが
普段から運転に慣れている人ならそれほど違和感なく運転できるでしょう。
日本と違って狭い駐車場でバックにいれたり縦列駐車する必要はまずなく
広い駐車場に頭から突っ込んで駐車するスタイルがほとんどです。
制限速度を守りながら慎重に運転していれば基本はOKです。
ただし、現地の法律や交通事情はよく調べておきましょう。
特に頻繁に出て来る道路標識はしっかり覚えておきましょう。
また日本のようにガソリンスタンドがどこにでもあるとは限りません。
特に田舎では100キロ以上ガソリンスタンドがないこともあります。
給油は早め早めに計画を立てて車を運転しましょう。

 

現地でレンタカーに乗れると、時間に縛られることなく観光ができますし
たくさん買い物をしても安心だし、現地の人の気分になって海外を満喫できます。
穴場スポットを見かけたら気軽に立ち寄ることもできるし
タクシーを利用するよりもずっとリーズナブルです。
初めての海外旅行でというのはハードルが高いかもしれませんが
海外に慣れてきたら一度は体験してみたいことですね。