海外ホテルのチェックインってとても緊張しますよね。

海外ホテルのチェックイン

ホテルのチェックインはどうすればいいのでしょうか?
日本と海外では何か違いがあるのでしょうか?

 

空港からホテルに移動したら、まずはチェックインです。
添乗員さんがいるツアー旅行なら、添乗員さんがフロントとやり取りしてくれますが
個人旅行の場合には自分でやりとりしなくてはいけません。

 

まずはフロントに行きましょう。
「Hi! Check in, please. I have a reservation.」と声を書けましょう。
すると名前を尋ねられるので
「My name is ○○.」と言い、ホテルバウチャーとパスポートを出しましょう。
ホテルバウチャーとはホテルの宿泊予約確認書のことです。
ネットで予約した場合にはプリントしたものを持参しましょう。

 

この時、クレジットカードの提示を求められる場合があります。
宿泊費を既に日本で払っているのに?と思うかもしれませんが
これはデポジットと呼ばれるもののためです。
デポジットとは宿泊代金に含まれていない食事代等の支払い保証のためで
クレジットカードの提示が求められない場合には、保証金を預けて欲しいと言われることがあります。
ホテルに宿泊中に食事を取ったり何か費用が発生することがあれば
クレジットカードにチャージされます。
特に何もなければクレジットカードに請求が来ることはありません。

 

次に宿泊カードに名前を書きます。
ローマ字で名前と住所を書きましょう。
英語での住所を書き方が分からない人は事前にメモしていくと良いでしょう。

 

海外のホテルで多いのが「予約が取れていない」と言われてしまうことです。
日本人の名前は海外の人から見ると、どちらが名字でどちらが名前か分からないため
スペルが間違っていたり、氏名が逆になっていたりすることがあるのです。
このため、ホテルバウチャーとパスポートは欠かせません。
最近ではスマホですぐに確認画面が見れるからと印刷しない人もいますが
確認作業のためにスマホを預けるというのも不安ですから
念のために印刷したものを持っていくと良いでしょう。

 

部屋の希望がある場合にはこの時点で伝えます。
例えば同行者と近くの部屋がいいなら
「We would like to have adjoining or connecting rooms.」と丁寧にお願いします。
禁煙室が良い、エレベーターの近くが良いなど伝えましょう。
希望が通ることもあれば、通らないこともありますが
希望が通った場合には、お礼をきちんと伝えます。

 

飛行機の都合などで早い時間帯に到着してしまった場合には
アーリーチェックインできないかどうかを聞いてみましょう。
「Can I check in now?」と聞けば大丈夫です。
できない場合は「Would you keep baggage until check-in time?」と言い
荷物だけを預かってもらいましょう。
ほとんどのホテルではチェックイン時間まで荷物を預かってもらうことができます。
荷物を持ったまま海外をうろうろするのは邪魔ですし危険なので
早めに現地に到着してしまった場合でも、まずはホテルに向かうのが良いでしょう。

 

ホテルのチェックインはフロントの方と英語でやりとりする機会も多く
苦手な方はドキドキするかもしれませんが基本は日本と同じです。
使うであろう英語をメモしていくと安心ですね。