チップの渡し方が全然わかりませーん

チップの渡し方

チップは「サービスに対する謝礼」です。
日本では会計にチップが含まれているため、必要ありませんが
欧米諸国ではチップの習慣があり、お会計とは別に支払わなくてはいけません。

 

日本にはない習慣なので、チップを支払うというのは戸惑う人も多いと思います。
難しいし、払わなくてもいいんじゃない!?と考える方もいるでしょう。

 

チップを支払う文化の国でチップを払わないと、とても無礼な行為になりますし
逆にチップを支払う文化のない国でチップを渡せば、相手が戸惑ってしまうでしょう。
海外旅行に行く際には、チップの習慣があるかないかを事前に確かめておくことが必要です。

 

チップが必要な国は主にアメリカ、カナダ、フランス、イタリア、ドイツ、オーストリア、香港などです。
詳しくは自分が行く予定の国にチップが必要かどうか個別に調べてください。
ヨーロッパは近年チップを支払う習慣が徐々に少なくなっているようです。

 

そしてチップが必要な相手はホテルスタッフ、レストランやバーのウエイトレス/ウエイター
タクシーや観光案内の方などです。
ファストフードやスーパー、おみやげショップの店員さんなどには
チップを支払う必要はありません。

 

チップは労働者の給料として大きな部分を閉めています。
時給が安くてもチップがもらえるから生活が成り立っているという人も多いため
チップを渡さないということはトラブルに繋がることもあります。
迷ったらチップを払っておけば安心とも言えるでしょう。
また料金で迷ったら多めに渡すのが無難でしょう。
少なすぎて嫌な顔をされることがあっても、多すぎて喜ばない人はいないからです。

 

チップの渡し方は現金もしくはクレジット―カードで支払います。
現金の場合には効果ではなくお札で渡すのがマナーです。
チップ用に両替したお金を持ちあるくようにしましょう。
クレジットカードの場合には会計の際にレシートに
チップ分を書き込んで支払います。

 

チップには相場があります。
多すぎても問題はありませんが、あまりにも高額なチップを渡してしまうと
トラブルを呼び込む原因にならないとは限りません。
できるだけ相場を渡すのがベターです。

 

チップの相場はホテルのドアマンやポーター、ベルボーイなどは
大体1ドルくらいで良いでしょう。
ただし五つ星のホテルに泊まる場合にはピローチップは3ドル〜5ドルになります。
団体旅行の場合には添乗員が必要時にチップをまとめて支払っているので
自分で渡す必要はありますせん。

 

レストランやタクシーでは10〜15%のチップが一般的です。
つまり3000円分の食事をしたら300円〜500円程度をわたします。
ただしタクシーで荷物をたくさん運んでもらったり
特別親切にしてもらったなと思った時には多めにわたします。

 

チップを渡すきにはスマートにわたします。
お財布を目の前で出してゴソゴソというのは無作法です。
ポケットもしくはカバンの中にチップ用のお札を入れておき
相手の目をみながら「Thank you」と言いながらわたします。