ニュース速報

【速報!ハゲカケタール】今知りたいことある?

芸能・スポーツ・事件・事故・旬なニュース速報

【入学祝い 書き方】袱紗の色にも気をつけましょう

 


入学祝いを渡すとき、入学祝いの「のし袋」をむき出しで
持って行くのはマナー的にNGです。

入学祝いを渡すというのは親族など近しい相手ですから
多少マナー違反をしたからと言って目くじらを立てるような人は少ないでしょうが
やはりお祝いの封筒をむき出しで持ち歩くのは格好悪いですね。
うっかり汚れたり折れ曲がってしまうと、貰ったほうもガッカリしてしまいます。

渡すときには、袱紗から取り出して表書きを相手に向けて差し出します。
袱紗の色は明るくておめでたい色のものを用意してください。
赤色、朱色、エンジ色などがお祝いごとように向いています。
緑色・藍(青)色・鼠色は御葬式用のものですから、避けてください。
紫は慶弔どちらにも使えるので便利ですね。

 

【入学祝い 書き方】お祝いを渡すとき袱紗はどうする?

お祝いを渡すときには、面倒でも必ず袱紗を使ってくださいね。
袱紗にはご祝儀袋が汚れないようにするために使うものです。

入学祝いを渡す時には、直前に目の前で袱紗から「のし袋」を取り出します。
左手の上に袱紗を乗せ、右手で袱紗を開いたら中から「のし袋」を出汁
相手の正面を向けて渡します。

この時、袱紗はどこか別のところへ置いても良いのですが
畳んだ袱紗を台の代わりにして渡してもOKです。
この時には滑らすようにして入学祝いを渡して下さい。

袋タイプの袱紗の場合でも、相手の前で中を取りだしたら
「のし袋」の下に敷いて相手に手渡してください。

渡すときには「入学おめでとう。頑張ってね」など
御祝いの言葉を添えて下さいね。
渡し終わったあとの袱紗は適当に丸めるのではなく
きちんとたたんでカバンにしまい持ち帰りましょう。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

 

雑学・その他

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る