ニュース速報

【速報!ハゲカケタール】今知りたいことある?

芸能・スポーツ・事件・事故・旬なニュース速報

【働きたくない】生活保護を受けて働かずに暮らしたい

 


生活保護を受けることができれば、働くことなく最低限度の暮らしが保証されます。
日本という国は本当に恵まれているなぁと思いますね、働けなくなっても
最低限の生活は保障されるわけですから、幸せすぎると思います。
日本では200万人以上が生活保護を受けています、1億2千万を総人口と仮定した場合
総人口の2%弱の人が生活保護を受けていることになります。
実際には在日外国人の方も生活保護を受けているケースもあるので、
日本国民としての比率であれば1.5%程度になると思われます。

しかし受給者数は年々増加していて、社会保障費を圧迫しています。
実に100人に1人は生活保護を受給しているわけですから、当たり前といえば当たり前です。
実際に働いている就業人口というのは6300万人強で、総人口の半分です。
それで計算すると働いていない残りの6000万人のうち200万人以上が生活保護を受けています。
そうなると働いていない人口のうち、3.3%以上が生活保護を受けている計算になります。
実に30人に1人が生活保護というとんでもない数字が出てくるわけです。

生活保護を受けて働かずに暮らしたいというのは、理想かもしれません。
何せ苦労せずにお金を手にすることができて、医療費は完全無料なわけです。
車を持てないなどの制限はあっても、働かなくてもお金がもらえるなんてすごすぎます。
ただ、働かずに暮らしたいと言う理由だけで生活保護を受けることはできません。
生活保護を受けるためには厳格な条件があり、それをクリアしなければなりません。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

 

雑学・その他

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る